国際線は、2歳未満で大人のひざの上に乗せる場合は大人運賃の10%程度になります。 2歳未満で座席を使用する場合と、2歳以上12歳未満のお子様の場合は小児運賃として大人の正規運賃の75%程度になり … 国際線の場合も国内線と同様に幼児と小児とに区分されますが、若干国内線と定義が異なります。国内線であれば2歳児は幼児でしたが国際線の場合は満2歳から小児として扱われます。また、国内線と同様に生後8日未満は搭乗できません。 「国内線は3歳まで無料だから、沖縄に行こうと計画中♪」 なんて、皆さんも耳にしたことありませんか? 確かに、国際線は2歳まで、国内線は3歳まで、幼児は座席を予約する必要がなく 同伴者(大人)の膝の上に抱っこした状態で搭乗できます。 ※満2歳未満であっても小人用航空券を使用する場合は小人とみなします。 ※満2歳以上12歳未満であっても大人用航空券を使用する場合は大人料金を適用します。 お支払い方法. 国際線においては、幼児の区分が2歳までになります。要するに2歳までは、膝の上に抱っこすれば無料ということですね。これを考えてなのか、2歳未満の小さい子を海外旅行に連れていく家族が多いのようです。 【航空運賃】 飛行機では未就学児でも子供料金が必要です。これは間違いやすいポイントなので注意してください。ただし、2歳以下は無料です。 小児(3歳以上)を膝の上に乗せて利用することもできません。小児2人を1つの座席で利用することもできません。 国内線・国際線の航空運賃 【ana、jalの国内線の航空運賃】 大人の膝の上に抱く場合は、大人1名に対して、幼児(出生日を含む生後8日以上満3歳未満)1名までは航空券は不要。別に座席を確保する場合は、航空券が必要となり小児運賃が適用されます。 子供用の座席を1席確保するか、膝の上で頑張るか. お客さまの航空券購入時に、航空運賃に含めて同時にご負担いただきます。 飛行機の子ども運賃は、年齢や座席の使用の有無、国際線か国内線かによっても異なります。まず知っておきたいのが、「幼児と小児」で料金が変わること。日本航空(jal)や全日空(ana)などの一般航空会社では、年齢による幼児と小児の区別を次の通りとしています。 2歳未満の幼児運賃は、 「座席を使用しない」 が前提。 つまり大人(一般的には16歳以上)と一緒に乗って、膝の上に乗せる事が条件となります。 なので、もし 座席をひとつ使いたい場合は、小児料金 となるので注意です。 但し、2名同伴する場合、1名は膝の上(幼児運賃)、もう1名は座席の確保(小児運賃)が必要。(チャイルドシート必須) 補足)旅行中に2歳の誕生日を迎える場合. 基本的に国内線なら3歳未満、国際線なら2歳未満は赤ちゃん用の座席の確保は不要です。 (料金は国内線は無料、国際線は幼児運賃として大人運賃の10%) 参考)赤ちゃんの航空券の料金はいくら? 国内線、国際線によっても、幼児・小児の定義は異なります。 国内線の場合、幼児は膝の上に乗っていれば無料です。(一部lcc除く) 国際線の場合、幼児を膝の上に乗せても運賃が必要です。 ピーチ、ジェットスター、バニラエアには小児運賃がありません。 膝の上で席なしの場合、国内線は2歳まで無料、国際線は1歳まで大人運賃の10%と、ルールが異なります 0歳、1歳、2歳でも、席を予約すると、国内線で大人普通運賃の半額(jal先得やanaスーパーバリューなら同額)、国際線では大人の75%の料金がかかります 2歳児と一緒に飛行機に乗る。・・・・国内線はタダでいいけど、原則大人のひざの上。隣りが空いていれば使えるんで、できるだけ空いている便、すいてそうな翼上の席の通路側、もしくは最後尾の通路側、を座るようにしているけど、なかなかね・・・・。 飛行機の子ども料金は「幼児」と「小児」によって区分されます。その際、年齢によって分けられます。また、国内線と国際線で区分の条件が異なります。lcc各社では、国際線の場合、小児の区分がなく2歳以上は大人に区分されます。 旅行中に2歳の誕生日を迎えるケースについては各航空会社によって異なります。 しかし国際線に乗るためには、赤ちゃんでもパスポートが必要になります。 また日本国内線では座席を必要としない3歳以下の子どもは無料で同伴者の膝の上に座らせることができますが、国際線だと膝の上に座らせられるのは2歳以下(大人運賃の10%がかかります。 赤ちゃんを連れて飛行機に乗るママやパパは、国内線に限らず国際線でも増えてきました。今回は、代表的な航空会社として、anaとjalの国内線・国際線を例に、赤ちゃんが飛行機にいつから乗れるのか、新生児でも乗ることができるのか、料金や過ごし方についてご紹介します。 赤ちゃんや幼児など、子供連れで旅行する時の意外に嬉しい強い味方と言えば、幼児運賃や小児運賃による割引。jalの国際線でも 幼児用運賃:生後8日以降2歳未満 小児運賃:2歳以上12歳未満という区分でそうした割引が設定されています。幼児運賃 つまり飛行機の料金では、子供が「2歳になる誕生日」と「12歳になる誕生日」がひとつのポイントになります。 triko 一般航空会社を利用する場合、同じ小学校6年生でも12歳の誕生日を迎えれば「大人」料金ですが、誕生日前であれば「小児」料金ですので、ご注意ください!