樋口真嗣; 2020年6月9日 08:30. お問い合わせ   |   スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け4KUHDMovieNEXスチールブック[4KULTRAHD+3D+ブルーレイ+デジタルコピー+MovieNEXワールド][Blu-ray]※Blu-rayとDVDは一目見てわかるぐらい画質全然違います。ボケボケの解像度の低い画質と高解像度の画質。。何故に未だDVDが残っているのか個人的に … 映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が4月8日(水)にデジタル配信を開始し、4月29日(水)にMovieNEX、4K UHD MovieNEXが発売される。 2015年から始まった続3部作の完結編である映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』をもって、40年以上続いた壮大な物語に幕を閉じた『スター・ウォーズ』シリーズ。 1977年に記念すべき第1作目が公開されてから現在に至るまで、世界中のファンを魅了し続けてきた同 … ディズニーが『スター・ウォーズ』スカイウォーカー サーガ 9部作の4K UHDブルーレイボックスを発表しました。 米国では最終章『Star Wars: The Rise of スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ 4K UHD コンプリートBOX(数量限定) 2020/4/29(水)発売. 海外情報「スター・ウォーズ」9作品 4K Ultra HD Blu-ray BOXで3月31日発売 「Best Buy」のサイト上には、す … スター・ウォーズ/最後のジェダイを楽天TVで視聴結果報告!再生速度・画質・通信量はどうなった? スター・ウォーズ/最後のジェダイを楽天TVで … 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』公式サイト。ブルーレイ・DVD・MovieNEX・デジタル配信最新情報のほか新作ディズニー映画、海外ドラマ、デジタル配信など、豊富な作品ラインナップをお届けします。スター・ウォーズ公式 STAR WARS メールマガジン   |   ※Engadget 日本版は記事内のリンクからアフェリエイト報酬を得ることがあります。, TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選」, 以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ, カーボンなのに白い!? 『スカイウォーカーの夜明け』のブルーレイ/dvdが4月29日に発売されます。この記事では全6種類の商品の特典、限定グッズ、価格などをまとめています。全9作が収録されている「スカイウォーカー・サーガ コンプリートbox」も同時発売。 セキュリティポリシー   |   ・画質と音質の良さで太鼓判! ・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 ・『マトリックス トリロジー』 ・『グレイテスト・ショーマン』 4K/HDRの再生に対応した高品位なディスクとして登場し、オーディオビジュアルファンに人気の4K Ultra HDブルーレイ。 ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー 4K UHD MovieNEX 2020/4/29(水)発売. 高画質・無料にてスターウォーズ作品を見る方法 2018年8月1日 2020年4月20日 全世界待望のスター・ウォーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が放映されました。 4K UHD『スター・ウォーズ』をとにかく綺麗に観たい! 時代を超えたクォリティを獲得した4K UHD『スター・ウォーズ』をとにかく綺麗に観たい! 注目の最新4K液晶テレビ・東芝レグザ「55Z740X」で最高画質を追い込んでみた - Stereo Sound ONLINE 洋画 スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ 4K UHD コンプリートBOX(数量限定)[VWHS-6999][Ultra HD Blu-ray]についての情報を交換するなら、日本最大級の「価格.com クチコミ掲示板」で。交わされる情報の量と質は日本屈指のハイレベル! 1980年から公開され、sf映画を代表するスターウォーズ。今もなお世界中のファンを魅了し続けています。そんなスターウォーズのかっこいい高画質な画像を集めました!どの画像も壁紙にしたいものばかりですので必見ですよ♪ ●AVセンター:デノンAVC-X8500H スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け 4K UHD MovieNEX スチールブック(数量限定) 2020/4/29(水)発売. おうち時間こそ4k uhdでスター・ウォーズ! マカロニ・ウエスタンの傑作が4K化 『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗 』【海外盤Blu-ray発売情報】, 4K UHD BLU-RAY レビュー『ゾンビ』ジョージ・A・ロメロ監督【世界4K-Hakken伝】, 『スター・ウォーズ』の傑作パロディ『スペースボール』【海外盤Blu-ray発売情報】, via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可), 時代を超えたクォリティを獲得した4K UHD『スター・ウォーズ』をとにかく綺麗に観たい! 注目の最新4K液晶テレビ・東芝レグザ「55Z740X」で最高画質を追い込んでみた. 「lego スター・ウォーズ/フリーメーカーの冒険 シーズン1」の作品サイト。商品ラインナップ、購入方法など、ディズニーのブルーレイ・dvd・デジタル配信の最新情報をご紹介します。-ディズニー公式 執筆陣. ”お皿の中身”は最高だよジョージ! プライバシーポリシー   |   Amazon.com で、スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ 4K UHD コンプリートBOX [4K ULTRA HD+ブルーレイ] [Blu-ray] の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。 ●スピーカーシステム:モニターオーディオPL300 II(フロント)、PLC350 II(センター)、PL200 II(サラウンド)、PL100 II(サラウンドバック)、イクリプスTD510MK2(トップフロント、トップリア) そしてこの度、史上初となるシリーズ全9作品を豪華な特典と共に収録した『スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ 4k uhd コンプリートbox』も同日発売で登場する。あまりのボリュームに感動すら覚えるこのboxセットをいち早く入手したので、興奮に震えながら開封してみたいと思う! ●サブウーファー:イクリプスTD725SWMK2, 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』公式サイト。ブルーレイ・DVD・MovieNEX・デジタル配信最新情報のほか新作ディズニー映画、海外ドラマ、デジタル配信など、豊富な作品ラインナップをお届けします。スター・ウォーズ公式 STAR WARS, 東芝のテレビREGZA〈レグザ〉の公式ホームページ。-Z740Xシリーズ製品情報詳細-, 会社概要   |   『4K Ultra HD版スター・ウォーズ』って本当にスゴいのか?! 実際に観て感じた「星の数の違い」「金属の重厚感」 © Stereo Sound Publishing Inc. All rights reserved. シリーズ全9作品のuhd bd版のみを収録した「スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ 4k uhd コンプリートbox」(18枚組)も同時発売。 スターウォーズシリーズ初の4K Ultra HD Blu-rayソフト、ということもありましたし。 出来れば全作4Kリマスターして4K Ultra HD Blu-rayを出してほしい所ですが・・・。 樋口真嗣の地獄の怪光線. 時代を超えたクォリティを獲得した4k uhd『スター・ウォーズ』をとにかく綺麗に観たい! 注目の最新4k液晶テレビ・東芝レグザ「55z740x」で最高画質を追い込んでみた Yoga Slim 750i CarbonはスタイリッシュでハイパフォーマンスなモバイルPCだ, 2015年11月13日、Ultra HD Blu-ray再生に初めて対応したBDレコーダー「DMR-UBZ1」が発売されました:今日は何の日?, DJI Pocket 2 hands-on review: The compact gimbal camera now has a wider angle and larger sensor, ジンバル内蔵カメラ DJI Pocket 2発表、広角&センサ大型化(更新)実機インプレ, Netflix、4K視聴できるMacをT2チップ搭載モデルに限定。DRM強化のため?, LG製モバイルノートgram、2021年版が海外発表。狭額縁化でよりスタイリッシュに, クラウドゲーム「GeForce NOW 」国内版がiPhone / iPadに対応, 同梱ACアダプターなら約36分でフル充電。OPPO Find X2 Pro を試す, Facebookがトランプ氏の投稿を24時間禁止、YouTubeも動画削除。暴力の煽動などポリシー違反, iPhoneの120Hz画面は13 Pro(仮)で初導入、2022年版は全機種対応との噂, カプコン、スイッチ新作『モンスターハンターライズ』新情報を7日23時公開。体験版の配信日も発表, Facebookページの新デザインは「いいね」表示を廃止。シンプルで直感的なデザインに, 8方向に動く4枚刃ヘッドが髭を1分間に32,000回カット。電気シェーバー「SMATE 360」, トランプ大統領のツイートが削除、12時間のアカウント停止。暴徒の称賛が「公益」の限界超え, 宇宙全体をマップ化、その歴史と進化を調べる宇宙望遠鏡「SPHEREx」予備設計が承認, 耐衝撃構造のMagSafeケース、Spigenが2990円で販売──iPhone 12 シリーズ対応, コンパクトなボディに最大850ANSIルーメンの超高輝度。スマートプロジェクター「elephant X5」, 2020年1月7日、HDR対応の「眼鏡型VRグラス」がCES2020で発表されました:今日は何の日?, 容量600mlボトルを5cmまで収縮可能。折りたためるシリコンボトル「HOMMIESAFE」. 映画「スター・ウォーズ:ジェダイの帰還」(4K UHD Blu-ray UK) 映画「ウォーターワールド」(Apple TV 4K/iTunes Movies/4K UHD) 映画「スター・ウォーズ:帝国の逆襲」(4K UHD Blu-ray UK) ドキュメンタリー「ザ・シェフ・ショー〜だから料理は楽しい!〜」キャンデス・ネルソン This article is a sponsored article by ''. 洋画 スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ 4K UHD コンプリートBOX(数量限定)[VWHS-6999][Ultra HD Blu-ray]を、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、笑える・泣ける・ほのぼのなど気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。 4月29日にUHDブルーレイ『スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ4K UHD コンプリートBOX』と、シリーズの掉尾を飾る『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が発売され、StereoSound ONLINEがちょっとした “SW祭り” 状態となっているのはご承知の通り。ここで編集部から筆者に与えられたミッションは、東芝レグザの最新液晶テレビZ740Xシリーズの55型「55Z740X」でUHDブルーレイ版『スター・ウォーズ』を観た感想を申し述べよというもの。, HiVi6月号(5月17日発売)の取材で全9作のUHDブルーレイをほぼすべて観たが、とりわけ4K&HDR化の恩恵が著しいと思えたのが、初期3作『エピソード4』〜『エピソード6』だった。そこで、ここでは記念すべき第1作『エピソード4/新たなる希望』と最終作『〜スカイウォーカーの夜明け』を55Z740Xで観たインプレッションをお届けしたい。, 55Z740Xの最適画質を追い込む山本さん。以前スカイウォーカーランチに取材に行った際に購入したという、ビンテージのTシャツを着て取材に臨んでくれた, この春発表された4K液晶レグザの主力シリーズがZ740X。緊急事態宣言下、外出自粛要請が出ているため各社のこの春夏の新製品を見て歩くことができていないが、Z740Xシリーズは新製品の中でおそらく画質のよさで一、二を争う液晶大画面テレビだろう。1ヵ月ほど前に本機をテスト、液晶タイプとは思えないハイコントラストで高精細かつ高S/Nな画質を前にして、そう確信した。, 採用されたパネルは正面コントラストに優れるVA(Vertical Alignment)型。直下型バックライトによるローカルディミング(エリア駆動)が採用され、液晶テレビの弱点として指摘されることの多い黒浮き問題に対処している。, 液晶、有機ELを問わずレグザ最大の魅力は、画質と機能性、使い勝手を高次元でバランスさせていることだろう。とくにコンテンツと照度環境に合わせて最適画質を提供する「おまかせAIピクチャー」の完成度の高さは出色。加えて、Z740Xでは新たに「レグザエンジンCloud PRO」と名づけられた画像処理回路が投入されている。, ●液晶パネル:55V型(4K VA液晶)●解像度:水平3840×垂直2160画素●内蔵チューナー:4Kチューナー×2、地上デジタル×9、BS/110度CSデジタル×3●HDR対応:HDR10+/HDR10/HLG●接続端子:HDMI入力4系統(4K入力対応)、ビデオ入力1系統、アナログ音声出力1系統(ヘッドホン端子兼用)、光デジタル音声出力1系統、LAN端子1系統、USB端子4系統、他●特長:レグザエンジンCloud PRO、AI超解像、美肌リアライザーPRO、地デジAIビューティPRO、AI HDRオプティマイザー、タイムソフトマシン、USB HDD録画、SeeQVault対応、他●音響システム:レグザ重低音バズーカオーディオシステムPRO●使用ユニット:5.0×7.0cmウーファー×2個、3.5×8.5cmフルレンジ×2、2.5cmトゥイーター×2●消費電力:271W(待機時0.4W)●寸法/質量:W1237×H766×D237mm/20.0kg(スタンド含む), 今回の取材では、55Z740Xの映像メニューは「映画プロ」で進めている。初期値から、コンテンツモードを「4K-BD」にし、倍速モードも「インパルス」に変更した。視聴室はほぼ真っ暗にしているので、この状態でも画面の明るさに不満は感じなかった, 色温度は「2」をチョイス。Z740Xの場合はこの状態では6500Kに設定されるとのことで、ヌケのいいクリアーな映像が楽しめた。もう少ししっとりしたニュアンスが好きな方は色温度の数値を下げるか、「RGBゲイン設定」を追い込んでみるといいだろう, 「色温度」のメニューで手動で好みの数値を選び、さらにその状態でリモコンの青ボタンを押すと、「RGBゲイン設定」が可能になる。『〜スカイウォーカーの夜明け』ではレイの肌色で緑が強めに感じられたのでGのゲインを思い切って10ステップ下げている, これは放送番組を対象とした高画質技術で、コンテンツに合わせた映像処理情報をクラウド上に蓄積、テレビ側がそのデータにアクセスすることで、より最適化された高画質を提供するというもの。本機発売時点ではこの回路ははたらいておらず、6月から稼働予定という。, 地デジ6チャンネル分を全録するレグザ独自の「タイムシフトマシン」機能も一度使えば誰もが納得する便利さ。加えてZ740XシリーズではBS4Kチューナーを2基、BS/110度CSデジタルチューナーを3基搭載しており、「4Kウラ録」と「BS 3チューナーW録」を実現している。, 前回の取材でも、様々なコンテンツを用いて本機の画質を精査してみたが、ノイズを極小化しながらナチュラルな風合いを訴求するのが本機ならではの魅力だと思った。とくに「おまかせAIピクチャー」で観る地デジ画質は他社の液晶モデルを寄せつけない完成度の高さ。スキントーンが美しく、液晶特有の、フォーカスが絞りきれないようなぽってりとした甘さをあまり感じさせないのである。同社が培ってきた超解像技術の洗練度が一段と上がった印象だ。, 『スター・ウォーズ スカイウォーカー・サーガ 4K UHD コンプリートBOX(数量限定)』(¥50,000、税別), ではUHDブルーレイ版『スター・ウォーズ』のチェックといこう。視聴室の照明を落とし、映像モードを「映画プロ」に設定。まずは『エピソード4』から観ていく(UHD BDプレーヤーはパナソニックDP-UB9000)。, 1977年の35mmフィルム収録作品ながら、55Z740Xで観るUHDブルーレイのキレのよい画質は、ちょっとした驚きだ。ノイズは極小で、精細感はきわめて高い。ノイズと見紛うようなフィルムグレイン(銀粒子)はていねいに取り除かれているが、テクスチャーはきちんと維持されており、違和感はまったくない。40年以上前のレガシー作品のレストアUHDブルーレイとして、本作は他に比肩するものがないと断言したくなるほどの高画質ぶりなのである。, ジョン・ウィリアムスのペンになる勇壮なテーマ曲が鳴り響いたのち、スター・デストロイヤーが宇宙空間を驀進するオープニング。本機のローカルディミングが的確にはたらいているのだろう、液晶テレビとは思えない漆黒の闇が実現され、幾千の星が光り輝く。もうここで感涙にむせぶ「1978年世代」のご同輩がおられるはず。, レイア姫の乗る外交船CR90コルベットに帝国軍が襲いかかり、ブラスターが飛び交う中をC-3POとR2-D2がちょこまかと逃げまどう場面。虹色に輝くレーザー光はきりりと絞られ、輝度ピークはすっきりと伸びる。HDR10の霊験あらたかだ。C-3POの金色の輝きは自発光の最新有機ELテレビに比べるとやや鈍る印象だが、過去の液晶テレビと比較すれば本機の「金色らしさ」は充分な説得力を持っている。, 撮影当時19才だったというキャリー・フィッシャー(レイア姫)の張りのある肌艶のよさといったらない。また、R2-D2がジャワ族に捕獲されるシーンでは、薄暗い室内のローライトの描写が精妙で、本機の階調表現の秀逸さを印象づける。UHDブルーレイの凄さ、Z740Xの表現力の高さに、取材を忘れ、ただただずっと見惚れ、メモを取る手もまったく動かず……。, 経験豊かなエンジニアが丹精込めて仕上げたZ740Xの「映画プロ」モードの画質のすばらしさに改めて脱帽の思いを抱いたわけだが、歴代レグザは高画質マニアの期待に応える懐の深い画質調整項目を持っており、本機もその例外ではない。ちょっと自分なりにいじってみよう。, まずいちばん効果的だったのが低遅延モード。ここを「オン」すると、三次元NRや倍速補間処理などをバイパスすると共にフル12ビット/オール4:4:4処理となり(結果的にピュアダイレクト=『オン』と同様の信号処理に)、本作のようなノイズ極小の高S/N作品では、いっそう鮮明な画質となる。, 同時にこのモードに設定すると、BDプレーヤーなどのHDMIセパレート出力で音声専用の1系統をAVセンター等につないだときに生じがちな映像と音声のズレ(リップシンク)が収まる副次的なメリットもある。, また、全暗環境で観るのであれば、倍速モードを「インパルス」に設定するのも効果的。しばらくするとフリッカー(画面のちらつき)は気にならなくなり、よりボケ感の少ないキレのよい画調に変化した。, 「映画プロ」モードの色温度の初期値は2=6500K(ケルビン)。試みにこの値を0=5000Kにまで落としてみると、ノスタルジックな雰囲気が横溢し、「43年前の低予算映画感」が強調されるようで、とても興味深かった。ふるいフィルムの質感が好きという方はぜひこの色温度調整にトライしていただきたい。, 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け4K UHD MovieNEX』(¥8,000、税別), シリーズ最終作の『〜スカイウォーカーの夜明け』もフィルム収録作品。ポストプロダクションで様々なデジタル処理が施されているが、興味深いのは2019年の最新作ながら『エピソード4』よりもフィルムグレインを強調するマスタリングが施されていること。どのような意図でこういう画調に仕上げられたのかは不明だが、そこにJ.J.エイブラムス監督の思いが反映されているのは間違いないだろう。, この作品はIMAXやドルビーシネマといった超ハイクォリティな映画館ですでに観賞しているせいか、『エピソード4』ほど高画質化のうれしい驚きはなかったが、じっくり観ていくと、映画作品のUHDブルーレイとして歴史に名を刻むハイレベルなソフトに仕上がっていることがわかる。, とくに印象深いのは、レイとカイロ・レンのデス・スターでの決闘シーン。大波に襲われながら必死の形相でライトセーバーを交わす二人。CGと実写、虚実の境目が認識できない神話的なスケール感がすばらしく、まさに大画面が映える場面。Z740Xの精緻極まりない描写力に引き込まれ、思わず知らず画面ににじり寄っていく自分を発見する。, この作品もZ740Xの「映画プロ」モードで間然するところのない見事な画質が得られたが、ひとつだけ気になったのはスキントーン。デフォルトの6500Kではレイの肌色が少し緑がかる印象なのである。しかし、Z740XにはR/G/B個別のゲイン調整が可能。G(グリーン)のゲインを−10にまで落とすことで、レイの凛とした表情に好ましい色合いが加わり、この映画の人間ドラマとしての魅力がいっそ生々しく伝わってくる印象となった。, 最後に55Z740Xの音声面について触れておこう。本作はもちろんのこと『エピソード4』も新たにドルビーアトモスでリミックスされており、今回の取材ではStereoSound ONLINE視聴室のセンターレス6.1.6環境で興奮と郷愁を誘う立体的なサウンドデザインを楽しむことができた。, それはそれとして、55Z740Xの内蔵スピーカーでの再生をチェックしてみたが、背面に配置されたサブウーファー効果が活かされ、出色のサウンドを聴かせた(音声モードは『ダイナミック』)。音量を上げていっても歪みっぽさが少なく、音が画面下から発せられる違和感もあまりない。, この高画質にバランスさせるには、本格的なスピーカーを55Z740Xの両サイドに置きたいが、まずはともあれ安心して使えるサウンド・システムが内蔵されていることをお伝えして筆をおきたい。, レグザとの組み合わせで4K UHDブルーレイを快適に楽しめる東芝のレグザブルーレイ「DBR-UT309」にも注目を, レグザブルーレイの「DBR-UT309」は昨年末に発売されたUHDブルーレイの再生機能を持ったHDD/BDレコーダーで、3TバイトのHDDを搭載しながら、市場想定価格は¥85,000前後を実現している。, 本機には4KレグザシリーズとHDMIでつないだ場合に、UT309側でテレビに最適な信号処理を加えたり、やUHDブルーレイに含まれる様々な映像情報を伝送して、最終的な画質を向上させる「レグザ4K高画質リンク」機能も搭載されている。, 今回は取材時間の都合で、編集部が55Z740XとUT309を組み合わせた映像を確認してみた。UHDブルーレイ『〜スカイウォーカーの夜明け』はグレイン感を気持ち抑えて、すっきりした映像として再現された。輪郭がきりっとして、コントラストの高い映像といったトーンになる。『エピソード4』は所々でフィルムの甘さが見える印象で、レグザの組み合わせは、最近のデジタル製作映画との相性がいいのかもしれない。(編集部), ●UHDブルーレイプレーヤー:パイオニアUDP-LX800 広告掲載について   |   スターウォーズ 2020.03.28 「映画大陸」管理人テリー.